AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

AGAの基礎知識

AGAと男性ホルモンの関係性を、ここに告発する。

投稿日:

男性ホルモンでも注意が必要なものって?

AGAの発症に関して、男性ホルモンの影響は見逃すわけにはいきません。

AGAのリスクを伴う男性ホルモンとしてわかっているのが「ジスドロテストステロン(DHT)」です。

DHTはそれ自体が体内に存在しているわけではありません。

テストステロンという物質に5α-リダクターゼという酵素が働きかけることでDHTが形成されます。

 

DHTが髪の毛に作用すると成長が抑制され、十分太くならず細くやわらかい髪の毛になります。

十分に成長しきれないままの髪の毛は傷みやすく、抜けやすいですよね。

その結果、抜け毛が多くなっていきます。

そう、DHTの生成を抑えることがAGA治療のキモになってくるのです。

 

5α-リダクターゼを制する者がAGAを制する、か?

DHTはそれ単体で存在しませんので、DHTを生み出すテストステロンと5α-リダクターゼの発生を抑えることが、DHTの発生を抑えることになります。

特に、5α-リダクターゼは遺伝的要素や個人差によって分泌量が変わってくる物質。AGAになりやすいかどうかは5α-リダクターゼにかかっているのです。

 

実は5α-リダクターゼは2つのタイプがあります。

1型の5α-リダクターゼは、頭皮の脂肪腺に作用して皮脂が多量に発生させます。

皮脂は細菌などの影響で脂肪酸に変化して、さらに紫外線の影響で過酸化脂質へと変化します。

この過酸化脂質が皮膚の角質と相まって脂漏性のフケを作り出し、毛穴をふさいだりすることで発毛や育毛を妨げるんですね。

 

そして、2型の5α-リダクターゼこそがテストステロンに働きかけてDHTを生み出す酵素。

毛乳頭細胞にある男性ホルモンのレセプターと結合することで髪の成長をストップさせてしまいます。

 

ただ、このレセプターは前頭部や頭頂部に多く存在し、側頭部や後頭部にはあまりありません。

なので、2型の5α-リダクターの影響で薄毛になる場合はいわゆる「波平ヘアー」になることが多くなります(波平さんに失礼なネーミングですが…)。

 

5α-リダクターゼ対策はかなり進んでいます!

生活習慣の改善や、ストレスの解消をしてもなおAGAが進行する場合は、男性ホルモンの影響によると想定できます。

でも、5α-リダクターゼの研究は進んでいて、その発生を抑える薬やサプリメントが作られているんです。

ですから、5α-リダクターゼ→DHTによるAGAはそんなに怖くありません!

気になる方は、一度しっかり病院で診察してもらいましょうね。

-AGAの基礎知識

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.