AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

AGAの基礎知識

AGAの治療薬、ミノキシジルとプロペシア比較してみると…

投稿日:

ミノキシジルとプロペシアとは?

AGAの治療薬として良く知られているのがミノキシジルとプロペシア。

この2つは、どのように違うのかご存知でしょうか。

AGAの治療薬は、自分に適したものを選択することが大事になるので、プラス面とマイナス面を様々な角度から比較検討することが必要不可欠です。

まずは、それぞれどのような治療薬なのかを知っておくことが重要ですよね。

 

ミノキシジルは、もともとAGAの治療薬として研究・開発された薬ではなくて、本来は高血圧の薬として開発されていたものだったのです。

しかし、臨床試験の中で多毛症といった副作用が確認されたことによって、AGAの治療薬として用いられるようになりました。

 

コレに対し、プロペシアはアメリカで医薬品として認可されてAGA治療薬として発売されたのが始まりで、日本においては飲み薬として認可されていますね。

最初は万有製薬からプロペシアとして販売されていましたが、その後ジェネリック薬としてファイザーからフィナステリド錠として発売されています。

ちなみに、飲み薬ということで塗り薬と併用することができます。

 

2つのAGA治療薬の効果は?

ミノキシジルの効果は、高血圧の治療というのが本来の目的だったので、血管拡張作用というのが考えられますね。

しかし、それよりもアデノシンを分泌させて細胞増殖因子の算出を促すことで発毛を促進する効果の方が期待されていることなのです。

また、直接頭皮に塗ることでダイレクトに効果を求める箇所にだけ作用させる点も嬉しいポイントですね。

 

プロペシアの効果は、AGAの原因となるDHTの生成と増殖を抑制してくれる効果があって、抜け毛をストップさせてくれるのです。

それはノコギリヤシの薬効成分から作られた化学成分によるもので、AGAの治療薬として頼もしい効果が期待できるんですよ。

 

2つのAGA治療薬の副作用は?

ミノキシジルの副作用としては、低血圧になったという報告がありますし、皮膚が弱いと炎症やアレルギー反応を起こす可能性が考えられるといことです。

 

そして、プロペシアの副作用としては、胎児や乳児の生育に影響がある可能性が考えられることと、肝臓に負担がかかるので肝機能に問題がある場合は注意が必要という点ですね。

-AGAの基礎知識

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.