AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

AGAの症状とその原因について語る。

ヘアサイクルの乱れがAGAを引き起こす!

「おでこが広くなったり、頭のてっぺんが薄く感じるようになったのはなんでなんだろうか?」

自覚症状が出てきた頃から、その原因を考えるようになりました。

前頭部が後退したり、頭頂部の髪の毛のボリュームが低下することで地肌が見えやすくなる現象が見られたら、AGAが発症した可能性が考えられるのです。

 

いろいろ調べてみると、抜け毛が多くなってきたり、髪の毛が細くなってきたり、髪の毛がのびにくくなってきたりするのは、ヘアサイクルが乱れているためだというのです。

髪の毛が十分に太く固くならないとか、生えかわりの髪の毛が多くなったりするのはヘアサイクルの乱れによってもたらされるのです。

では、なぜヘアサイクルは乱れてしまうのでしょうか?

 

ヘアサイクルが乱れる要因

ヘアサイクルの乱れる要因としては「男性ホルモン」「ストレス」「生活習慣」などが考えられます。

その要因を、ちょっと概観してみましょう。

男性ホルモン

男性ホルモンは、体毛が濃くなったり、筋肉質になったりする作用によって男性らしい姿や性質を作り出すものです。

ただ髪の毛に関しては、男性ホルモンの作用によって髪の毛の成長期が早まったり、頭皮に皮脂が必要以上に分泌されるようになって、毛穴が詰まりやすくなったりするなど、あまりいい影響はありません。

これは、個人の体質だからというわけではなく、男性全般に言えることです。

言うなれば、男性は常にヘアサイクルが乱れてAGAになる可能性を秘めているんですね。

 

ストレス

ストレスは神経系統に知らず知らずのうちにダメージを与えて、血流の低下や内臓の不調をもたらし、髪の毛に十分な栄養がいくことを妨げます。

そのせいで、成長期にあっても十分に髪の毛が育たず、やわらかく細いままだったり、十分に育たないまま休止期を迎えて抜けていったりするのです。

ストレスを軽減したり、なにかで解消することができれば、それだけでヘアサイクルを乱す要因を減らすことができます。いい気分転換の方法を考えてみましょう。

 

生活習慣

生活習慣は、運動不足や睡眠不足、喫煙や飲酒、食生活の乱れなどが挙げられます。

いずれの生活習慣においても、主に血行が妨げられ、髪の毛に十分な栄養がいかなくなることでヘアサイクルが乱されてしまいます。

自分が普段どんな生活を送っているか?それを確認して改めることで、きちんとしたヘアサイクルを取り戻せるかもしれません。

でも、なかなか生活習慣を改めることは、簡単なようで難しいですよね。

 

AGAの治療は専門クリニックで

AGAをしっかり治療したいなら、専門クリニックでも治療が必須となってくるでしょう。

幸いにも、今は効果のある薬や治療法が登場してきており、AGAで悩む男性の強い味方となっています。

こちらのAGA治療はどのクリニックがいい?というサイトで、各クリニックの治療の特徴やメリットを記載していますので、AGA治療の際には参考になさってください!

 

投稿日:

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.