AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

どのようなAGA対策をする?

AGAの薄毛に対してはシャンプー対策は意味がないのか?

投稿日:

シャンプー対策は必要かそれとも不要か?

AGAの主な原因のひとつは、男性ホルモンと毛乳頭にある因子が結合して、脱毛物質を持つジヒドロテストステロン(DHT)が生成・増加することですよね。

もうひとつ大きな影響を与えるのが遺伝で、男性ホルモンと遺伝が原因ならAGAの予防・改善にシャンプー対策をしても意味がないと考えてしまう方も多いです。

 

しかし、AGAの人であってもシャンプー対策は、毎日無理なく実施することができる対策のひとつで必要なことなのです。

それは、頭皮環境が悪化してしまうことが、AGAの進行を早めてしまう要因のひとつとして考えられるからですね。

実はAGAの頭皮状態の特徴として過剰な皮脂の分泌が見られるので、それを日々のシャンプーでケアすることで脱毛を抑制することにつながるのです。

 

頭皮ケアのためのシャンプー効果とは?

AGAの人はDHTの影響で皮脂の過剰な分泌が見られ、その皮脂で毛根が詰まり不衛生な状態になってしまいます。

また毛根に皮脂が詰まってしまうと育毛剤などの有効成分も浸透しなくなって、太くてコシのある毛髪の成長を促進することができなくなってしまうのです。

 

この点を解消するためにもAGAの人にとって必要となる頭皮ケアシャンプーの効果としては、高い洗浄力で余分な皮脂を除去して頭皮環境を常に清潔に保つことですね。

もうひとつは髪の毛の成長に必要となる栄養やアミノ酸・海藻エキスなどを含むシャンプーにより育毛促進効果をプラスしていくことですね。

また血行促進や保湿効果のある植物由来のエキスなど配合するシャンプーで、育毛促進の力をサポートする効果も期待したい点です。

 

AGAタイプの薄毛の人が避けたいシャンプーは?

AGAタイプの人が避けた方が良いと考えられるシャンプーの特徴としては油分の多いシャンプーですね。

AGAタイプの人は過剰な皮脂の分泌により不衛生になることを回避したいので、油分の多いシャンプーは逆効果になってしまうからです。

 

それからシャンプーには2つあって、アルカリ性が強いと洗浄力は強力ですが頭皮に対する刺激が強いので、皮膚と同じ弱酸性のシャンプーの方が良いです。

弱酸性のシャンプーであっても余分な皮脂を除去することは十分に可能です。

シリコンや余分な添加物、刺激性の化学物質などが多く含まれている市販されている安価なシャンプーの使用は避けると良いですよ!

-どのようなAGA対策をする?

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.