AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

気になるAGAの原因あれこれ

AGAを改善するにはDHTの生成を抑制すればいいのかな?

投稿日:

AGAによる薄毛の原因とは?

男性ホルモンがAGAによる薄毛の主な原因として考えられていますが、男性ホルモン自体が直接的に薄毛につながっているわけでは無いのです。

もしも男性ホルモンのみが原因となっているのであれば、全ての男性がAGAによる薄毛に悩まされてしまうことになりますね。

男性ホルモンのひとつであるテストステロンと毛乳頭にある5αダクターゼという因子が結合することによりジヒドロテストステロン(DHT)というのが生成されます。

実は、その生成されたDHTが増加することが、AGAによる薄毛の本当の原因なのですね。

 

AGAによる薄毛を抑制するために必要なことは?

AGAによる薄毛の原因となるのはDHTの生成と増加ですから、単純に考えるとDHTの生成と増加を抑制することができると、薄毛の改善や進行を抑えることも可能になると言えますね。

DHT生成のメカニズムからも分かるように、テストステロンを減らすか5αリダクターゼとの結合を阻止するかがポイントになります。

 

ただ、何の問題もないテストステロンを減少させると体調不良を招いてしまうので、5αリダクターゼとの結合を阻止するのが適切な方法と考えられます。

では、日常生活で無理なくDHTの生成と増加を抑制するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

日常生活でDHTの生成と増加を抑制する方法は?

高額な費用をかけたり副作用の危険を心配したりする必要もなく、DHTの生成と増加を抑制する日常からできることはたくさんあります。

 

亜鉛やイソフラボンはDHTを抑制するのに有効な働きをすると考えられているので、日常の食事でイソフラボンが含まれる大豆製品や亜鉛が豊富に含まれる牡蠣などを摂取するように心がけると良いですね。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうとDHTは増加する危険があるので、バランスを乱す要因となる睡眠不足やストレスなどの生活習慣の乱れについては注意する必要がありますね。

特に、髪の毛の生成につながるゴールデンタイムと言われている22時から2時には眠るように心がけることです。

 

有酸素運動をすることによってDHTの生成につながる単独のテストステロンが減少するために、結果としてDHTの量を減らすことになります。

ウォーキングなど無理なく毎日続けられる有酸素運動を心がけることですね。

その他には、DHTを抑制するシャンプーや育毛剤の使用も効果的です!

今すぐできるDHT抑制対策は意外といろいろあるんです。ぜひ、取り組んでみて下さいね。

-気になるAGAの原因あれこれ

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.