AGA?若ハゲ?そんなもん、このサイトでぶっとばそう!

男なら、AGAなんかぶっとばせ!

どのようなAGA対策をする?

AGAという症状に発毛剤は効果はあるのか?

投稿日:

発毛剤は効果はあるのか?

生え際や頭頂部が薄くなって何とか抜け毛を止めたい、薄くなっている部分からもう一度毛を生やしたいと、切実な悩みを抱えている男性も少なくないですよね。

そのような方の救世主となってくれるのが、薄くなった部分の細胞に働きかけて再び髪が生えるようにサポートしてくれる発毛剤です。

 

でも本当に発毛剤は、AGAによる薄毛に効果があるのかと疑問に感じる方もいることでしょう。

しかし、症状に合った効果のある発毛剤を使用することで、AGAの進行を抑制したり再び髪が生えてきたりする可能性は考えられます。

 

何を基準に発毛剤を選択すると良いのか?

効果が期待できる発毛剤を選択する際の基準は、男性ホルモンに働きかけるのかと医薬品かどうかの2つです。

 

AGAによる薄毛は、脱毛ホルモンと呼ばれるDHTが生成され増えることによって起こってしまうものなので、発毛剤はその男性ホルモンに対して働きかける効果がなくてはならいのです。

テストステロンと5αリダクターゼが結合することによってDHTが生成されるので、それを邪魔する働きがあるのかをしっかりと確認して選択することですね。

 

一般的に発毛剤は育毛剤と違って医薬品であることが多いのですが、この違いは効果を大きく左右することなので、その点も確認して選ぶ必要があります。

ちなみにフィナステリドミノキシジルという成分が医薬品となる発毛剤に含まれることが多くて、医師の処方により治療薬として使用されることになります。

 

発毛剤を使用する際の注意点

発毛剤は医薬品ということで使用する際の注意点を理解しておくことも必要ですよね。

実は、未成年・女性・持病のある人・血圧の高い人など、使用してはいけない人や使用する際に注意が必要な人がいるのです。

また、一般に市販されている風邪薬であっても副作用が起こる可能性があるのと同様に、発毛剤についても副作用が発生する可能性も考えられます。

その為、医師の処方により使用することを基本として、用法・用量を厳守して使用することが大事で、自己判断で使用量を増やすなどは絶対に避けるべきです!

 

医薬品なので高い確率で発毛効果が得られる可能性があるといったメリットがありますが、その反面で副作用などのデメリットもあることを理解しておく必要があるでしょう。

-どのようなAGA対策をする?

Copyright© 男なら、AGAなんかぶっとばせ! , 2017 AllRights Reserved.